社会人への教育が大切となっています

教育というと、学校に行って勉強することというイメージがありますが、実は社会に出てからも行われています。
その中で、社会人には新入社員に対することから、中堅などに対することまであります。
もちろん内容も異なり、新入社員に対しては社会のルールから名刺交換や電話応対などを行っています。
特に、名刺交換や電話応対はほとんどの企業で行われていて、社内で独自に行っているところや専門の人に依頼をして行っているところもあります。
私も、社内研修を受けたことがありますが、名刺の渡し方受け取り方ひとつとっても戸惑うことがあり、とても勉強になりました。
社会人になったら電話応対は少なからずあり、対応力がその会社の評価となってしまうため、今後もトーク力を磨いていく必要があると感じています。
そして、中堅になると、管理職という面もあり全体を見渡す力やサポートの仕方などを勉強していきます。
中堅は大変な部分であり、そこをうまく調整するためにも社会人教育は重要な部分となっています。